ブログ

2020.02.20

不動産登記【法定相続登記後に遺産分割協議があった場合】

こんにちは

昨年の話になりますが、少し珍しい登記をしました

該当不動産は債権者により、(差し押さえのために)債権者代位でABC名義に法定相続登記がされており、その後差押は抹消されたものの、法定相続人ABCの共有状態で放置され、さらにBについては数次相続が発生して、Bの相続人はDEFであるという物件でした。

「今日現在の相続人全員で遺産分割を行い、Aの単独名義に変更したい」というご相談をお受けして、「年月日遺産分割を原因とする持分全部移転登記」を行いました。

その際、数次相続が発生しているBについて、DEFへの法定相続登記が必要か?と検討したのですが、「遺産分割の効力は相続発生時に遡る」ということを根拠に不要であると判断し、ACDEFの5名で遺産分割を行い、その遺産分割協議書を登記原因証明情報として添付して「B持分全部移転」「C持分全部移転」の登記申請を行いました。

「B持分全部移転」の登記は相続人DEF全員が登記義務者となって申請を行いました。

特に法務局からの補正指示などもなく登記が完了しましたので、またひとつ良い経験になったと思います

 <みさき司法書士事務所>

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ご予約はお電話・フォームから 06-6940-4815

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ内検索

モバイル・スマートフォン対応

ページの先頭へ