ブログ

2016.03.23.

その他【ライフ協会破産にみる高齢者の財産管理】

今朝のニュースで、ライフ協会が破産することになったと報道されていました。
ライフ協会、実は私の事務所も提携先として営業されたことがあります。
もちろん、即お断りしましたけど

最近は、高齢者の財産管理をしますよ、という法人や、民事信託の受け皿(受託者)になりますよ、という法人がやたらめったら設立されていますそのような法人が、士業(弁護士、司法書士、税理士向けが多い印象)に対して、クライアントを紹介してくださいという営業をして回っています中には、取引が成立したら、謝礼を差し上げます…という法人も

私個人の感覚では、自分を信頼してご依頼してくださった依頼者様の財産の預託先として、設立したばかりのよくわからない法人を紹介して、万が一のことがあった場合に、依頼者様に申し訳ないと思うのです
例えば、「信託財産は、万が一法人が破産しても法人財産とは分離されます…」といくら法律で決まっていても、横領されてしまっては回収の余地がありません。訴訟しても何をしても、お金がない法人からは取り立てはできないので、結局泣き寝入りになってしまいます。
相手が刑事罰を受けたところで、被害者は何も保障されないですもんね

そんな素性の知れない法人と手を組む士業がいることに、驚きを隠せません。
ちょっとは疑いましょうよ

じゃあ独り身の者はどうしたらいいのというと、やはり100%安心な解決策がないのが現状です。
とにかく信頼できる人を自分で見つけることができる限りの最善策なのかもしれませんね。

  <みさき司法書士事務所>

2016.03.09.

相続【特別縁故者への財産分与の審判と相続財産管理人の心証】

今日はとても嬉しいことがありました

約2年前にご依頼を受け、相続財産管理人の選任申立、特別縁故者への財産分与の申立を行っていた事件で、財産分与の審判が下りたようで、先ほど事務所に特別送達が届きました

審判の主文は、「相続財産の全部を分与する」となっており、依頼者様ともども、2年間の労が報われた気分になりました
特別な縁故が認められたからといって、全額の分与を受けることができるとは限らないのが、この手続きの難しさでもあります。(手続の詳細についてはこちらをご覧ください。)
書類作成代理人の司法書士として、これほど嬉しいことはないですね

審判書には、相続財産管理人の意見も記載されています。
裁判所は、この手続の中で、申立人から裁判所に提出される書類だけでなく、相続財産管理人が申立人から聞いた事情をまとめた「意見書」も参考にして審判をします。

つまり、相続財産管理人の心証も大切なんです

ちなみに、相続財産管理人はどうやって選ばれるかといいますと、家庭裁判所の職権による選任です。

実は、申立の際に、知り合いの弁護士さんを候補者として書いていたのですが、
やはり、利害関係人(特別縁故者の財産分与の申し立てを予定している者)からの申し立てにおいて、申立人の息のかかった弁護士を選任するわけにはいかなかったのでしょうか…。

全く知らない弁護士さんが選任されました

なお、成年後見人をしていた者からの、相続財産の国庫帰属のためにする申し立てであれば、成年後見人をしていた者がそのまま「先生が引き続き管理してください。」ということで、選任されることもあると聞いたことがあります。

ケースバイケースなんですね~。

 <みさき司法書士事務所>

2016.03.07.

司法書士【奈良全国大会に参加しました】

この土日は、奈良において、全国青年司法書士協議会の全国大会及び定時総会が開催されました。
この定時総会でやっと、1年間務めた常任幹事が任期満了退任となり、ほっとしています

週末の奈良は春の陽気だったので、とても過ごしやすく、奈良公園周辺をブラブラするだけで楽しい気持ちになりました

奈良全国大会は、全国の司法書士の抱える様々な不安について、全国の司法書士を対象としたアンケート調査を実施し、その結果について検討・発表するという内容でした。
マイナス面について検討・発表すると聞くと後ろ向きな感じですが、その結果を踏まえてどのように行動するかという議論につなげることに、意義があると思いました

春は土日に各種団体の総会が続き、出席するだけで忙しいです。
また、本業においても3月は期末だからなのか、登記の申請件数が非常に多い月でもあります。
季節の変わり目、体調を崩さないように、マイペース(私の場合、マイペースがハイペースでもあるんですが)で頑張りたいと思います

<みさき司法書士事務所>

ご予約はお電話・フォームから 06-6940-4815

ページの先頭へ